介護に役立つ色彩

母の日が終わり、16日まで東京でユニバーサルカラーについて学んできました(≧▽≦)

ユニバーサルカラーとは、
「ユニバーサルデザイン」の概念にもとづく色彩であり、年齢、性別、障害の有無に関わらず、誰もが暮らしやすく快適な社会環境を実現する色彩のことです。
もちろん、そこには色の見え方が一般と異なる(先天的な視覚異常、白内障、緑内障)なども含まれます。

東京に行ったのは、このユニバーサルカラーを作った南先生のところで学ぶためです。
南先生は、介護に役立つ色彩活用術などの著書もしていて、この言葉通り「役立つ色彩」を教えて頂けました。
http://www.universal-color.jp/media/index.html

まだ第一回の勉強が終わったところなので、今度は
介護力を高めるカラーコーディネート術を学びに行きます\(^o^)
img_06img_05